ちびまる子ちゃんが教えてくれたこと

2018.08.30 Thursday

0

    小学生の頃、漫画ちびまる子ちゃんが好きで、単行本を買っていた。

     

    少女漫画なので、ちょっと買うのは恥ずかしかった。

     

    初めて見たときは、絵の下手さと、内容のどうでも良さに驚いた。

    初期、たぶん始めの5巻ぐらいまでは本当に絵が下手だった。こんなに下手でも漫画家になれるものかと、衝撃を受けたものだった。
    でも、今思えば、その後絵が上達し、可愛らしいだけになったまる子よりも、下手だったころのほうが伝わるものがある。
    描き方が「やり方」になっていないので、表情が今の漫画のように記号的でなく、生き生きとしていた。
    なんとかして伝えよう、という作者の思いが入っていた気がする。それで生まれたのが、あのがーんの顔の縦線なのかもしれない。

     

    それはそうとして、実は本編よりも、おまけのような感じで巻末に載っていた、作者の生活みたいな話が好きだった。
    漫画家という職業はどのようなものか、絵が好きだった小学生の僕は興味があったのだ。

     

    もう30年近く前のことだし漫画も残ってないので、うろ憶えだが、とにかく印象に残っているのは作者のさくらももこが
    布団の中から朝早く出勤していくサラリーマンたちを眺めながら、

     

    「うっひっひ。これが漫画家の特権だね〜。」

     

    みたいなことを言っていたコマだ。

     

    当時、小学校高学年にさしかかっていた僕は、このまま卒業して中学に入ったらどうやら受験という苦難が待ち構えており、
    無事高校に入学できたとしても、次は大学受験が待っており、その後は就職して、定年まで会社に通い続けるのかと気づき、何ともいえない憂鬱な気持ちになった。父親がサラリーマンだったので、何となくそういうもんだと思っていた。
    でも、俺はこの先おじいちゃんになるまで、目覚まし時計に無理矢理起こされる日々が続くのかと思うと、少年は初めて人生に漠然とした絶望感みたいなものを感じた。

     

    丁度そこへきての、まるちゃんのうっひっひだ。

     

    僕は憧れた。うっひっひに。

     

    あんなに下手な絵を描いて、朝は布団でうっひっひ。そんな仕事、最高じゃないか。

     

    そして、僕のなりたい職業は「漫画家」になった。

     

    そんなに漫画が描きたかった訳ではない。

     

    うっひっひになりたかったのだ。

     

    そう。表向きの夢は漫画家でも、本当になりたい職業は「うっひっひ」。

     

    違う。それは決して怠惰でありたいという意味ではない。

     

    自分の時間を自分で決めたかったのだ。誰かの決めた時間に合わせて、毎朝起こされるというのがどうしても嫌だったのだ。

     

    思えばそれは、初めて自分は将来何を仕事にするか、ということを意識した瞬間だった。

     

    そういう意味では、さくらももこは僕の人生に直接的に大きな影響を与えてくれた一人である。

     

     

    どうもありがとうございました。

     

    ご冥福をお祈りします。

     

     

    あなたのせい(おかげ)で、その後こんな妙な人生になってますが、学生の時みたいな、朝起きる時の、誰かに支配されてるような絶望感はないです。

     

    結果的に、今は10時に寝て5時に起きるという、小学生の僕もびっくりの規則正しい生活してるんですけどね。

     

    うっひっひ。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    町たんけん

    2018.08.22 Wednesday

    0

      夏休みの始めに地元の小学生が工房を見学に来てくれました。

       

       

      そのときの小学生の質問が、なかなかにシンプル&ディープなものでしたので、

      そういえばブログでもちゃんと説明したことなかったかなと思い、自分の立ち位置を再確認するためにも

      Q&Aを書いていきます。

       

      1、なんでグリグリレザーズという名前をつけたのですか。

        

      グリグリはアフリカの言葉で「お守り」の意味です。

      ものだけでなく、ものに宿る目に見えないなにか大きな力みたいなものを感じたい、または感じて欲しいと思い、

      この名前をつけました。

       

      2、しんだどうぶつのかわでつくっているのですか。

       

      はい、人が食べるために命をいただいた動物の皮をもらって、つくっています。

      ごはんを食べる前にいただきますというのと同じで、革を使うときも「ありがとう」の気持ちを

      大事にしています。

       

      3、どのどうぶつのかわをつかっているのですか。

       

      牛、豚、山羊、羊、鹿など、いろいろあります。

       

      4、そのどうぶつのかわはどうやってとるのですか。

       

      食べるために飼育されているのがほとんどですが、イノシシや、北海道のエゾ鹿など、

      増え過ぎて困っている動物を山を守るために殺したものもあります。

       

      5、一人でつくっているのですか。

       

      ぜんぶ一人でつくってます。

       

      6、きかいでつくっているのですか。

       

      機械はほとんど使いません。手作業が好きなので。

       

      7、かわはどのくらいじょうぶなのですか。

       

      革はとても丈夫です。大事に使えば10年以上もちます。

       

      8、どこでうっているのですか。

       

      お店に置かせてもらったり、インターネットで売ったりもしますが、直接お願いされてつくる

      オーダーメイドが一番多いです。

       

      9、どうしてこのしごとをえらんだのですか。

       

      つくるのが好きで、革が好きだから。

       

      10、いつもどんな気もちでしごとをしているのですか。

       

      毎日のことなので、いろんな気持ちがありますが、出来るだけいい気持ちで仕事をできるように

      心がけています。ものに気持ちが入ると思うので、いやな気持ちでつくったものを人に渡したくないです。

       

      11、しごとをしていてかなしい気もちになるのはどんな時ですか。

       

      気持ちを込めてつくったものが伝わらなくて、値段だけ見て「高い」を言われると、悲しい気持ちになります。

       

      12、しごとをしていてうれしい気もちになるのはどんな時ですか。

       

      反対に、ものに込めた気持ちが伝わって、値段に関係なく喜んでくれるとうれしい気持ちになります。

       

       

      以上です。

       

      改めて考えると、とにかく自分は、目には見えないものの価値みたいなものを追い求め、表現したいんだなあと思います。

      お金というのは、目に見える、わかりやすい価値ではありますが、それだけじゃない何か、大事なものがね。

      あるはずなんですよ。きっと。

       

      そうです。私はドリーマーで、デイドリームビリーバーな、おじさんです!!

       

      小学生に少しでも伝わってればうれしいなあ。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      お盆の雑記

      2018.08.15 Wednesday

      0

         

        最近読んだ本の中で、

         

        「医師は、その人の人格以上の医療は出来ない。」

         

        という言葉が印象に残っています。

         

        医師に限らず、なんでもそうなんだろうな、と思います。

        作家はその人の人格以上のものはつくれないし、音楽家は人格以上の演奏はできない。その人の人格以上の仕事は出来ないんだと思います。

         

        見た目だけ取り繕うことはできても、いつかはボロが出る。

         

        いつも、「自分自身がどう在るか」が、スタート地点。

         

        今、この一瞬一瞬の一挙手一投足の中にこそ答えがあり、
        現実はその結果。

         

        といっても、いきなり聖人になれるわけもなく、
        日々四苦八苦もがいていますw

         

         

         

         

         

        三ねんねたろう

        2018.07.06 Friday

        0

           

          子ども生まれてからいろんな絵本読みましたが、今のところこれが一番好きな一冊です。

           

           

           

           

          頑張っても頑張ってもうまくいかなけりゃ、頑張るのやめてみればいい。罵られようが、怒られようが、こころゆくまで寝ちまえばいい。

           

          でも、これだ!というものを見つけたら、そのときは馬鹿にされようが笑われようが、自分を信じて突き進む。

           

          新しい時代をつくるのはいつもそんな愚か者。

           

          常識に囚われず休み、常識に囚われず働く。

           

          自分を愛し、自分を信じる。

           

          ねたろうまじリスペクト。

           

          昔話から教わることは多いです。

           

          絵も文章も素朴でかわいい。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          お金と仕事とありがとう

          2018.05.31 Thursday

          0

            娘が6才になって、最近お金に興味を持ち始めてるんですが、お金と仕事にたいして、あんまりネガティブなイメージを持って欲しくないので、ここはやっぱりちゃんと教えねばと思い、どんな風に教えたらいいか考えてたんですが、割とシンプルに考えがまとまったので、メモがてらに書きます。

             

            子どもに教える前提で書きますので 笑

             

            まず、お金とは仕事をしてもらうもの。そして仕事とは何かというと、簡単にいえば人の(社会の)役に立つことだと思います。

             

            そして役に立つとは感謝されること。

            要するに、人に感謝されることをすれば、お金がもらえます。

             

            お金=ありがとう

             

            です。

             

            そして、「ありがとう」をもらうには大きく分けて2通りのやり方があります。(これは極端な分け方で、もちろんこれ意外にもいろんなスタイルがあると思いますが。)

             

             

            自分のやりたくないことを我慢して「ありがとう」をもらう

             

            自分のやりたいことをして「ありがとう」をもらう

             

            前者は、面白くはないが「お金のため」と割り切って仕事をするやり方。これは、何も考えなくても確実に働いた分、一定の「ありがとう」がもらえます。でも時間と体力を提供するので、ストレスが溜まりやすいです。

             

            後者は、自分の好きなことができるのでストレスは少ないですが、どうやったら人に感謝されるかというところから全部自分で考えないといけません。自分のやりかた次第で「ありがとう」の量はかなり変わってくるので、不安定です。

             

            これは別にどちらが正しいとかではなく、人それぞれでいいんですが、ポイントは「一生のうちにどちらが沢山のありがとうをもらえるか」ということ。

             

            「好きこそものの上手なれ」というように好きなことはほっといても知識が増え、上達が速いものです。なので、ものづくりにせよ、サービスにせよ、好きなことをやってれば自然とクオリティが上がるので、同じことをしていても感謝される量が変わってきます。そして、それを「自分にしかできない唯一無二のもの」にまで高めることができれば、それは他では手に入らない貴重なものになるので「ありがとう!」は大きくなります。

             

            なので、自分のやりたいことを仕事にすれば、始めは「ありがとう」の量は少ないかもしれませんが、続けているうちにどんどん増えてくるはずです。ただ気をつけなければならないのは、いくら好きなことをしても、人から感謝されなければ仕事ではなく、個人的な趣味になってしまいます。

             

            大事なのは、ただ「好きなことしようぜ!」っていうんじゃなくて、「どうやったらより多くの人に感謝されるか」を考えたら、結果的に自分の好きで得意なことをやるのが一番効率いいし、自分も楽しいよね、ということ。(恥ずかしながら、僕も最近このことに気付きました。単に好きなことやればいいと思ってた。)

             

            「自分のため」よりも「相手のため」を常に優先させることが出来れば、結果的に自分も楽しく、豊かになれるんだと思います。

             

            情けは人の為ならず(情けは人の為だけではなく、いずれ巡り巡って自分に恩恵が返ってくるのだから、誰にでも親切にせよ、という意味 by wiki)ですね。

             

            最近、結局日本むかし話みたいなオチになってしまうんですが、、まあ、そういうことなんでしょうね。

             

            あと書きながら気づいたのは、今の社会の働き方だと、自分のしていることが、どこで何の役に立っているのか見えにくくなっていて、「ありがとう」を実感できにくくなっているのも問題なのかなと思いました。

             

             

            とにかく、子どもには得意なことをどんどん伸ばしてほしいと思います。