町たんけん

2018.08.22 Wednesday

0

    夏休みの始めに地元の小学生が工房を見学に来てくれました。

     

     

    そのときの小学生の質問が、なかなかにシンプル&ディープなものでしたので、

    そういえばブログでもちゃんと説明したことなかったかなと思い、自分の立ち位置を再確認するためにも

    Q&Aを書いていきます。

     

    1、なんでグリグリレザーズという名前をつけたのですか。

      

    グリグリはアフリカの言葉で「お守り」の意味です。

    ものだけでなく、ものに宿る目に見えないなにか大きな力みたいなものを感じたい、または感じて欲しいと思い、

    この名前をつけました。

     

    2、しんだどうぶつのかわでつくっているのですか。

     

    はい、人が食べるために命をいただいた動物の皮をもらって、つくっています。

    ごはんを食べる前にいただきますというのと同じで、革を使うときも「ありがとう」の気持ちを

    大事にしています。

     

    3、どのどうぶつのかわをつかっているのですか。

     

    牛、豚、山羊、羊、鹿など、いろいろあります。

     

    4、そのどうぶつのかわはどうやってとるのですか。

     

    食べるために飼育されているのがほとんどですが、イノシシや、北海道のエゾ鹿など、

    増え過ぎて困っている動物を山を守るために殺したものもあります。

     

    5、一人でつくっているのですか。

     

    ぜんぶ一人でつくってます。

     

    6、きかいでつくっているのですか。

     

    機械はほとんど使いません。手作業が好きなので。

     

    7、かわはどのくらいじょうぶなのですか。

     

    革はとても丈夫です。大事に使えば10年以上もちます。

     

    8、どこでうっているのですか。

     

    お店に置かせてもらったり、インターネットで売ったりもしますが、直接お願いされてつくる

    オーダーメイドが一番多いです。

     

    9、どうしてこのしごとをえらんだのですか。

     

    つくるのが好きで、革が好きだから。

     

    10、いつもどんな気もちでしごとをしているのですか。

     

    毎日のことなので、いろんな気持ちがありますが、出来るだけいい気持ちで仕事をできるように

    心がけています。ものに気持ちが入ると思うので、いやな気持ちでつくったものを人に渡したくないです。

     

    11、しごとをしていてかなしい気もちになるのはどんな時ですか。

     

    気持ちを込めてつくったものが伝わらなくて、値段だけ見て「高い」を言われると、悲しい気持ちになります。

     

    12、しごとをしていてうれしい気もちになるのはどんな時ですか。

     

    反対に、ものに込めた気持ちが伝わって、値段に関係なく喜んでくれるとうれしい気持ちになります。

     

     

    以上です。

     

    改めて考えると、とにかく自分は、目には見えないものの価値みたいなものを追い求め、表現したいんだなあと思います。

    お金というのは、目に見える、わかりやすい価値ではありますが、それだけじゃない何か、大事なものがね。

    あるはずなんですよ。きっと。

     

    そうです。私はドリーマーで、デイドリームビリーバーな、おじさんです!!

     

    小学生に少しでも伝わってればうれしいなあ。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    スポンサーサイト

    2018.09.20 Thursday

    0
      コメント
      コメントする