hideの「misery」考

2018.05.16 Wednesday

0

    唐突ですが、hideの「misery」という曲について語ります。

     

    Xjapanは苦手でしたが、hideのソロは当時(中学生かな)好きでした。

     

    最近久しぶりに聞いてみたら、

    当時は全然理解していなかった歌詞の奥深さに驚きましたので、

    ここはいっちょう歌詞の解説をしてみようかと思います。

     

    奇しくもhideの没後20年で近々ドキュメンタリー映画が上映されるそうなので、ちょうどよい機会かと。

     

    革作家が何やってんだと言われそうですが、とにかくやりたいことをやると決めたので、

    とりあえず書いてみます。

     

    曲はこちら


    この曲の背景は、難病を煩っているhideの大ファンの少女、 

    真由子ちゃんを励ますために作られたということです。優しいね。

     

    タイトルのミザリーとは「惨めさ、不幸、苦しみ」と、

    綺麗な響きとは裏腹になんともネガティブな意味となっています。

     

    なお、僕なりの勝手な解釈ですので、hideファンのみなさま、ご了承ください。

     

    それでは歌詞をみてみましょう。

     

     

    ハレルヤ ラ ミゼラブル
    Do you wanna show me how low & low?
    ハレルヤ ラ ミゼラブル
    Do you wanna show me how low & low?
    SAY ハレルヤ

     

    苦しみを讃えよう

    君は自分がどんなに悲惨な状況か見せたいのかい?

    さあ、讃えよう

     

     

    君の痛み うれしそうに 羽根を広げて舞い降りてくる
    昼の光は 君の傷を抱いて 優しく広げてゆく

     

     

    「痛みや傷」が、「うれしそうに舞い降りる」とか、

    「優しく広げる」とか、妙にポジティブな表現をしています。

     

    ハレルヤ ラ ミゼラブル 星の嘆き聞けば
    ハレルヤ ラ ミゼラブル ほんの小さな事だろう
    SAY ハレルヤ

     

    夜の闇に落ちてゆけば 忘れてしまう事なのかも

    揺れる思い つかのまの夢 小さな悲劇

     

    降る星の数 数えたら 泣くのに飽きたろう
    笑う月の蒼さ 傷をなでて 閉じてゆく

     

    このあたりは星の途方もない距離や時間と比較して、

    君の苦しみは君が思っているより小さなことかもしれないよ、

    夜の闇に落ちる=眠ってしまえば(無意識になれば)忘れる程度のことかもしれないよ、と

    冷静に苦しみと向き合って、その苦しみの大きさを客観的に認識することで

    楽になっていくかもしれないと言っているようです。

     

    そしてサビ。

     

    Stay free your misery.

    降りそそぐ悲しみを その腕の中に抱きしめて
     

    Kiss your misery.
    枯れるまで踊るだろう 全て受け止めるよ このまま

     

    Stay free my misery.

    Stay free my misery.
    Stay free my misery.

     

    stay free 直訳すると「自由なままでいる」

    苦しみから自由なままでいろ=「苦しみに囚われるな」という意味だと思います。

     

    「苦しみに囚われる」とはどういうことか?

     

    意識が「苦しみ」に張り付いてしまうことで、

    自分のなかで苦しみをどんどんを大きくしてしまっている状態。

     

    例えばどこか痒い時、掻けば掻くほど痒いところが広がっていって、

    つい皮膚を傷めてしまう程掻きむしってしまうことありませんか?

     

    真夏に「暑い暑い」と言うと余計に暑く感じたりだとか。

     

    他のことに集中していると、以外と痒さとか暑さとか忘れてたりするのに。

     

    なにかネガティブなものに意識を向ける(抵抗する)と、それが自分の中で、

    実際以上に大きな存在になる。

    大きな存在になるから、またつい意識(抵抗)してしまう、

    そしてまたネガティブを肥大させてしまう。

    このネガティブの悪循環に陥ってしまっていることに自分では気づかず、

    抜け出せなくなってしまっている状態。

    それが、「苦しみに囚われた」状態だと思います。

     

    抵抗するものははびこるのだ!

     

    ちなみに「囚」という文字は人という字が壁に囲まれてますね。

    ネガティブなものに抵抗してせっせと壁を作って、そこから出られなくなっているのは、

    まぎれもなく自分自身。

     

     

     

     

    ではどうするか?

     

    そう、抵抗しない。「受け入れる」んです。

    ありのままの苦しみを受け入れて「気にしない」んです。

    そうすれれば、それは脳内で肥大することなく、

    いつかは消えてなくなります。

     

    心頭滅却すれば火もまた涼し

     

    心を自由に、ニュートラルに保つことの重要性を言ってます。

     

    Stay free my misery.
    炸裂する痛みが 駆けぬけるだけの風ならば

     

    Stay free my misery.
    雨のち晴れを待とう ほら 君の涙を食べちゃおう

     

    君の涙を食べちゃおう、とポップでキャッチなフレーズから

    レゲエ調のCメロへと繋がります。

    そしてここからがこの作品のキモ。

     

    悲しいと言うならば 空の青ささえも
    届かないもどかしさに 君は泣くんだろう

     

    この世に起こる出来事、現象はすべて”良い”も”悪い”もなく

    ニュートラルです。そこから何を見いだすかは自分の思考次第。

    物事のネガティブな側面しか見なければ、例え青空を見ても

    「あそこに届かない。もどかしい!」などとネガティブな要素を探し出しては悲観的になるのです。

     

    コップに水が半分入っているのを見て

    「もう半分しかない」と思うか、

    「まだ半分もある」と思うか、

     

    「いい」、「悪い」を決めつけ、幸、不幸を選択しているのは、すべて、いつでも、

    自分自身の思考なんです。

     

    君の小さな身体包んでる夢は 痛みを飲みこみ 鮮やかになる
     

    「君の小さな身体包んでる夢」とは何でしょうか?

     

    ここからかなりぶっとんだ解釈になりますが、

     

    「君の小さな身体」が自分の本質的な部分、(こころ、魂、目に見えないもの)

    だとすると、それを包んでいる夢とは、肉体(物質、目に見えるもの)であり、

    自分の体というのは確かに存在しているような気になってますが、

    原子レベルで見ると、食べ物を入れたり出したり、呼吸したり、髪の毛が抜けたり、

    常に他の物質と交流しており、どこからどこまでが自分の身体なのか、というのは実は曖昧です。

    人の体の細胞は数年ですべて入れ替わるらしい。

     

    肉体(物質)というのは、とどまることのない、確かに在るような、無いような、

    うたかたの夢のようなものと言えるのではないでしょうか。

     

    形あるものはすべて空である。

     

    これぞ「色即是空」

     

    ブッダまで出て来た!なんてこった!

     

    そしてその「夢」は痛みを飲みこみ、鮮やかになる。

     

    失ってはじめて有り難さがわかるように、

    病気になってはじめて健康の大切さがわかるように、

     

    ネガティブなものがあるからこそ、ポジティブなものを認識できるんです。

     

    闇がなければ光も存在しません。つねに陰陽はセットです。

     

    ポジティブが良くて、ネガティブが悪いというわけではありません。両方必要。

    大切なのは、囚われないこと。

     

    ネガティブに囚われている自分に気づき(重要!)、受け入れることではじめて、真のポジティブに

    気づくことができ、命が鮮やかに輝きだすんです!

     

     

    Stay free my misery.
    手を伸ばせば感じる その痛み両手で受けとめて

     

    Stay free your misery.
    愛しさを 憎しみを 全て受け止めて そのまま

    Stay free your misery.

    Stay free my misery.
    降りそそぐ悲しみを その腕の中に抱きしめて

     

    Stay free your misery.
    枯れるまで踊るだろう 全て受けとめて この空の下で 君が笑う

     

     

    あとはもう、ひたすら「受け入れろ」と言っております。

     

    そしてついに「君」は悲しみを抱きしめて、

     

    (いままでは届かないと言って泣いていた)空を見て、

     

     

     

    笑うんです。

     

     

     

    感動の着地!!

     

     

     

    *「この空」というところもポイント。青空でも曇り空でもない。

    どんな空であろうと「いま、この瞬間」の空を見て笑えるかどうか。

    例え雨でも、いま、この空を見て笑えないのであれば、未来に

    青空になったとしても笑えることはない。

    幸せを未来に求めても、「いま」幸せを感じられなければ、

    「いま」の延長線上にある未来に幸せを感じることはできないのだ。


     

     

    ハレルヤ ラ ミゼラブル
    I wanna show you how low & low?
    ハレルヤ ラ ミゼラブル
    Do you wanna show me how low & low?
    ハレルヤ ラ ミゼラブル
    I wanna show you how low & low?
    ハレルヤ ラ ミゼラブル
    Do you wanna show me how low & low?
    SAY ハレルヤ!

     

    苦しみを讃えよう

    俺がどんなに悲惨な状況か君に見せたがると思うかい?

     

    悲しみを讃えよう

    君は自分がどんなに悲惨な状況か俺に見せたいのかい?

     

    さあ、讃えよう!

     

    最後の訳は難しいんですが、「俺」はhide本人のことで、

    「君」は真由子ちゃんのことかなあと思います。

     

     

     

     

    ということで、ずいぶん長くなりましたが、解説でした。

    言いたい事が伝わっただろうか、、

     

     

    病気であるファンの子に対して、頑張れとか、負けるなとか安易な言葉じゃなくて、

    「受け入れろ」と言う。これはそうとう本気で考えて、深くまでイメージしないと出ない言葉だと思うんです。

     

    hideとうい人物の奥深さや曲のセンスは底が見えないところがあって、

    改めて聴いてみると、何か、光と闇の狭間で揺れ、葛藤していた人のように感じます。

    どのように進化するのか、もっと見ていたかったアーティストです。

     

    いかがでしたでしょうか。また気が向いたら「ever free」という曲の解説もするかもしれません。

    こちらも大好きな曲。

     

    それでは。

     

     

     

     

     

     

     

     

    スポンサーサイト

    2018.07.06 Friday

    0
      コメント
      コメントする